インスタグラムのフォロワーを増やすー企業での3つの活用方法

instagram

Instagramを企業で活用する方法には、「公式アカウントの運用」「投稿キャンペーン」「広告の出稿」の大きく3つがあります。
それぞれ、事例を挙げて紹介します。

インスタグラムでの公式アカウントの運用

アカウントを運用するときに最も重要なのは、Instagramを使って企業のどのような面を見せたいか考え、「アカウントのテーマ」を決めることです。
その基本方針がぶれてしまうと、自社コンテンツの活用の方向性から投稿内容まで一貫性が保てず、結果的にフオロワー数が増えるととなく誰にも見てもらえない、といった失敗に陥ってしまいます。

アカウントに一貫するテーマを定めたら、続いてそのアカウント独自の個性や特徴を表現する写真を考えます。
Instagramならではの加工を駆使して、ただきれいな写真を投稿すればいいというものではありません。
企業が設定したテーマやブランドの持つ世界観が投稿内容に表れている必要があります。
被写体や構図、色調、トーンなど、技稿の個性が一貫していれば、アカウントが発信する写真にファンが付くようになるでしょう。
Instagramは、企業の雰囲気を違和感なくユーザーに伝えられるかどうかが決め手のひとつとなります。
きれいな写真や商品の写真だけでなく、ユニークな写真や日常の一部を切り取った写真を投稿することで、ユーザーの目を引きつけることができます。

インスタグラムでの投稿キャンペーン

最近増えているのが、Instagramを使った投稿キャンペーンです。
自社の商品を使った写真などのテーマを掲げて、テーマに沿った写真の投稿をユーザーから募集します。
キャンペーンによって、企業のプランディングや認知拡大が狙えます。

キャンペーンは以下のような流れで実施するのが一般的です。

1 主催者は、キャンペーンの概要をキャンペーンサイトなどで案内する
2.ユーザーは、主催者のアカウントをフォローする
3.ユーザーは、指定されたハッシュタグを付けた写真を投稿し、キャンペーンに参加する
4. 主催者は、ハッシュタグから参加者や投稿を確認して当選者を選び、ダイレクトメッセージで当選を知らせる

ほかにも専用サイトを構築し、Instagramで、写真を投稿した後に応募フォームからキャンペーンに参加する、といった手法もあります。
ただ、参加方法が分かりやすく、参加者を確保しやすいことから、多くの企業が前述したハッシュタグを利用したキャンベーンを実施しています。

募集する写真のテーマやプレゼントの商品にその企業の色を反映させることで、ユーザーとの交流が可能になり、好感度を高めることもできます。
また、特定のトピックについて、多くの人に参加してもらうことで、話題作りにも効果的です。
ハッシュタグを検索することで参加者自身もほかにどのような写真が投稿されているのか閲覧することになるので、参加者が増えてキャンペーンが盛り上がるほど、露出機会も増えていくというメリットもあります。

ファンが投稿した写真は見た人に共感を呼びやすいので、「ファンが投稿したコンテンツ」を通じて多くの人に単に見てもらうだけでなく、さらなる共感を呼び起こし、好感度を上げることができます。
また、ハッシュタグでファンの投稿を検索し、企業がリポストすることでより多くの人に拡散できます。

インスタグラムでの広告出稿

Instagramは、企業が設定した予算内でアプリ内に広告を出稿できる、セルフサーブ型広告を開始しました。
これにより、規模にかかわらずどの企業でもInstagramへ広告を出せるようになりました。
比較的低単価で出稿できるほか、前述のとおりInstagramはエンゲージメント率が上がりやすいため、低予算で効果的な宣伝が可能です。

Instagramの広告は、Facebook広告と同様、投稿と投稿の聞に表示され るインフィード型で、目的別に以下の6つの種類があります。

1.投稿を宣伝
2.フランドの認知度をアップ
3.ウェブサイトへのアクセスを増やす
4.アプリのインストール数を増やす
5.動画の再生数を増やす
6.ウェブサイトでのコンパージョンを増やす

セルフサーブ型広告により、写真を使ったプランディングだけでなく、自社サイトやアプリへの誘導といった、よりマーケテイング目的に合わせたInstagramの活用ができます。

Instagramで人気の写真で注目を集め、ブランドのイメージと特徴を込めた広告を打ち、なおかつシリーズ化して人気を集めることが重要です。
このように、広告出稿の際もInstagramの特徴を意識した広告にすることが必要です。

Instagram広告は興味関心ターゲテイング、カスタムオーディエンス、類似オーディエンスを含め、Facebookと同様に詳細なターゲティングができるので、非常に大きな可能性を秘めています。

※ インスタのフォロワーを増やすなら、インスタグラムのフォロワーを買う のが近道

タイトルとURLをコピーしました