インスタのフォロワーを買う前にーマーケティング

instagram

インスタグラムにけるインスタジェニック

インスタグラムを象徴する言葉に「インスタジェニック」という言葉があります。
インスタグラムとフォトジェニックを掛け合わせて作られた言葉で、インスタグラムの写真が映えるという意味あいになります。
最近若者がよく使う流行語の一つとして「映える」という言葉がよく耳にしますが、それと同じ意味あいになります。
それでは、写真が綺麗であればインスタジェニックになるかというとそうではありません。
SNSで発信される写真には、綺麗なだけでなく、そこに込められた感動が必要なのです。

インスタグラムにおける自撮り

自撮り棒がインスタグラム愛好家によく使われています。
ただ、おいしそうな食事や、綺麗な観光地の写真を撮るのではなく、そこに自分自身を加えて撮影するために使われます。
リア充という言葉をご存じでしょうか?
リアルが充実しているという意味の言葉ですが、まさしくインスタグラムにおける自撮りはリア充を表現したものとなっています。

インスタグラムにおけるハッシュタグ

Twitterでよく使われる機能の一つにハッシュタグがありますが、インスタグラムにおいても同じようにハッシュタグが使えます。
写真を投稿する際に#つきのワードを添えて投稿することです。
ハッシュタグの意味合いとしては、おおまかに言うと分類という事になります。
他人がそのワードで写真検索した場合に、そのハッシュタグがついた写真が検索されます。
またハッシュタグは一つの写真に対して最大30個までつける事が出来ます。

インスタグラムにおけるインフルエンサー

SNSで多くのフォロワーを持ち、影響力のあるユーザーをインフルエンサーと呼びます。
企業は、インフルエンサーを活用して、多くの商品やブランドを宣伝しています。
インスタグラムでは他のSNSと異なり女性が多く活躍しています。
例えば、モデルの水原希子さんや、お笑い芸人の渡辺直美さんなどが代表的です。
数百万人のフォロワーを持ち、彼女らの投稿した写真にはたくさんの「いいね!」がつきます。
また、特定の内容に限定したインフルエンサーもいます。
料理の写真や手芸などの個別のテーマに限定して多くのフォロワーを持つインフルエンサーもいます。

インスタグラムにおけるガイドライン

インスタグラムでアカウントを運営していくには、守らなければいけない大事なルールがあります。
守らなければいけないルールは、インスタグラムのコミュニティガイドラインに詳しくまとめられています。
アカウントを安全に運営するためにも一読しておきましょう。
ここではその中で特に大事な、投稿する際に制限されている写真について記載しておきます。

・性的画像
・児童の性的画像
・テロや暴力を助長する画像
・違法薬物の売買や利用を助長する画像
・人種差別や偏見など個人攻撃を助長する画像

これらの写真は自分とは関係ないと思いがちですが、なにげなく投稿した写真が、本人にはその意識がなくても他人から見たら差別的であったりしますので十分注意が必要です。
ガイドラインに反していると判断された場合には、投稿した写真の削除だけでなく、アカウントの停止や削除といった罰則が適用されることもあります。

インスタグラムの撮影機材

インスタグラムにおいては、スマートフォンで撮影した写真を投稿するのが普通です。
中にはより高精細な写真を撮れる高級カメラで撮影した写真を投稿することもできます。
高級カメラには、スマートフォンにはできない特殊な撮影方法が可能となり、インスタグラムにおいてよりフォトジェニックな写真を撮影するには高級カメラに利点があります。
ただスマートフォンにも利点があります。
それは、常に携帯されているという機動性にあります。
写真を撮りたくなった時に、すぐに機材があるという意味ではスマートフォンに軍配があがります。

インスタグラムアカウントのプロフィール

インスタグラムアカウントのプロフィール欄は、とても重要です。
インスタグラムの投稿は、写真や動画ばかりなのに対して、プロフィール欄は唯一文字で情報を発信できるからです。
プロフィールをうまくまとめる事で、写真を見たユーザーが、プロフィールを見て、フォロワーになってくれるという好循環にさせるためでもあります。

名前

個人であれば、名前やニックネーム。
企業であれば、社名やブランド。
わかりやすく、覚えやすい名前にすることが大事です。

ユーザーネーム

英数字とアンダーバーで指定するアカウントIDです。
名前に関連した英数字をつけるのが適しています。

サイトURL

サイトのURLを記載します。
興味を持ったユーザーにこのURLを通じて外部サイトへ誘因します。
企業であれば、企業のホームページやショッピングサイト等を指定するといいでしょう。

自己紹介

アカウントの説明文を記入します。
文字数の制限があるので、簡潔で重点をまとめて記載します。

プロフィール写真

企業であればブランドロゴ、個人であれば個人の顔写真になります。
顔写真を使いたくない場合には、アカウントを象徴するロゴをつくるといいでしょう。

SNSフォロワー専門サイト インスタグラムのフォロワーを買うならSNSサポート

タイトルとURLをコピーしました