インスタのフォロワーを買う前にー運営のキモ

instagram

インスタグラムで効果のあるハッシュタグの見つけ方

以前にもすでに説明したとおりハッシュタグは、アカウントにユーザーを引き付ける道案内の役割を果たします。
よって適切なハッシュタグをつけてユーザーの流入数を増やすことが望ましいと言えます。
それでは、どの様なハッシュタグをつければいいのでしょうか?
数日間、流れてくるフィードの写真にどの様なハッシュタグが付けられているか観察してみましょう。
そして写真に多く付けられているハッシュタグが人気で検索も多いことが想像できます。
その様な人気のハッシュタグの中から自分のアカウントに近いものをハッシュタグに選ぶといいでしょう。
最初はあまり絞り込まずに広範囲に10個程度ハッシュタグをつけてみましょう。
そのうち自分のアカウントに最適なハッシュタグが絞れてくるはずです。

インスタグラムでイベントを実施しよう

SNSにおいて年に数回盛り上がるタイミングがあります。
例えばハロウィンだったり、クリスマスだったりのタイミングが代表的な例です。
インスタグラムにおいてハロウィンやクリスマスの時期には、ユーザーが仮装した写真を投稿したりして利用率も大幅にアップする様です。
是非このタイミングを活かして、アカウントで特別なイベントを実施してみましょう。
普段あまり興味を示さなかったユーザーを引き込むチャンスにもなります。

自社サイトへの誘因

もしあなたの運営するアカウントが、何らかの商品の販売や有償サービスの提供を行う目的のものであれば、最終的にはインスタグラムから自社サイトへ誘導しなければなりません。
しかしながら、投稿した写真から直接自社サイトへの誘因はできず、プロフィールに記載できる自社サイトURLを通じてのみ誘導できる仕組みとなっているから注意が必要です。
よって、必ず投稿した写真には、キャプション上にプロフィールを見て自社サイト訪問を促すメッセージを記載しておく必要があります。

クーポン写真の掲載

もしあなたのアカウントがお店を運営していて来客数を増やすための目的があるなら、インスタグラムにクーポン券の写真を掲載することは非常に効果があります。
クーポン券を印刷して提示したら10%OFFや、画面のクーポン券提示で10%OFFなど工夫の余地はいくらでもあるでしょう。

おしゃれさの演出にはコラージュがおすすめ

写真をおしゃれなものにするテクニックにコラージュという技法を使うのも効果的です。
コラージュとは、複数の写真を組み合わせて1枚の写真にすることで、例えばある会社の1人の社長の写真より、複数の社員の写真を1枚にまとめたコラージュの方が、とてもおしゃれで活動的に感じます。
特に抽象的に表現したいものに関しては、コラージュという技法を使うのが効果的です。

正方形でない写真の活用

インスタグラムは長らく正方形でしか投稿できない時期が続いたため、今でも正方形の写真が主力となっています。
2015年頃から長方形の写真も投稿できる様になりましたが、前述のとおり長く正方形が標準の時期が続いたため、いまでも正方形の写真が圧倒的に多い様に感じます。
もし特別なカテゴリーの写真を投稿する時には、正方形でない長方形の写真を投稿してみてはどうでしょうか?
今までのイメージから予想できない変化が感じられるかもしれません。

写真の良し悪しは光をどう扱うか

写真の良し悪しを決める要素の一つに光の加減をどうするかというのが大変重要になってきます。
光の加減を間違えて写真を撮影すると、暗すぎた写真になったり、逆に白飛びした写真になったりします。
撮影機材はカメラを中心に考えがちですが、撮影ライトやスクリーンなど光をコントロールできる機材もあわせて用意する必要があります。
逆にあえてボケた写真をとることも最近の流行になっています。
おしゃれさを演出したい場合などは、あえてボケた写真や逆行の写真なども印象的な写真になります。

写真の加工と編集

写真撮影で調整不要なくらい完成度の高い写真を撮ることが理想的ですが、どうしても余計なものが写ったり、暗さ明るさを微調整しなければいけないケースが出てきます。
その時のためにも写真加工ソフトを一つ用意しておくと便利です。
最近では、簡単な写真の加工調整に関しては、ウェブ上で無料でできるのもありますので、そういうものを利用するのもいいかも知れません。
ただ、あまりに加工調整に時間をかけても時間の無駄になりますので、見やすい写真にするための微調整だという認識で利用するといいでしょう。

飲食業やファッション業界との相性

インスタグラムは、とりわけ飲食業やファッション業界と相性が良いと言われています。
おいしい料理やデサートなどは、どんなに文字を並べて書いても1枚の写真にかないません。
また服飾に関して言えば、写真があることで、自分がそれを身に着けたときの様子が容易に想像できるという点があります。
もしあなたが飲食業やファッション業界であれば、インスタグラムを活用しないのは大きな損失です。

SNSフォロワー専門サイト インスタグラムのフォロワーを買うならSNSサポート

タイトルとURLをコピーしました